自衛隊 は厳しい?元 航空自衛隊員が過去を振り返ってみた

今回は自衛隊ネタです。

最近のニュースで南スーダンに派遣された自衛隊に駆けつけ警護の任務が与えられる可能性があるとか、憲法9条絡みでいろいろと話題になっていますね。
婚活でも未だに自衛官人気はあるようです。

皆さんは自衛隊がどんなところか、どのようにして自衛隊員になるかご存知でしょうか?

僕は昔、航空自衛隊に所属し航空機整備をしていました。

僕の航空自衛隊での昔話をざっくりしてみますので、今後の参考にでもしていただければと思います。

あくまでも数年以上前の話で、現在とは内容が違っている場合があります。

なぜ航空自衛隊に入ったのか

結構聞かれることですが。僕の場合は単純です。

親にお金がかからないから

僕はもともとパソコンとか機械的なものが大好きで、中学生のころからプログラマーに憧れていました。その頃からIT企業に就職したいと考えていて、そのためには当時は大学もしくは専門学校に行く必要があることも知っていました。(もちろん現在はそんなことないです)

高校2年生になる際に、母に説得を試みましたが進学するお金がないとのことでIT企業への道を断念することに。

もともと親戚が何人も自衛隊に入っており、親にお金がかからないということもあり仕方なく自衛隊の試験を受けることにしました。

航空自衛隊はエリート?

自衛隊には陸・海・空がありますが、親戚にいろいろ聞いて航空自衛隊一択でした。

  • 陸自→誰でも採用されやすい。教育課程が修了しても戦闘訓練がエグい。ヤダ。
  • 海自→割と狭き門。海を遠泳する訓練がある。泳ぐの苦手なのに海て。ヤダ。
  • 空自→割と狭き門。制服カッコイイ。飛行機カッコイイ。

これが当時親戚から吹き込まれ、僕が勝手に持った印象です。

今思えば親戚が航空自衛隊員だったので、引き込みたかっただけかもしれませんね。

実際のところ陸自・海自は経験していないので本当かどうかはわかりませんが、結果的には航空自衛隊で良かったんだろうなと思っています。

航空自衛隊 入隊試験

jasdf_1-1

当時僕が受けた航空自衛隊の入隊試験は以下の通り。
凄くわかりやすいというか・・・ざっくり説明しています。

試験対象試験レベル備考
自衛官候補生任期制隊員。バイト的なポジション。
曹候補士非任期制の制度。時間はかかるけど頑張ってれば正社員になれる。
一般曹候補学生非任期制の制度。エスカレーター式に正社員になれる。
航空学生神高いわゆるパイロット。受かるだけで称えられる神的存在。

すべて筆記試験・面接・身体検査があります。
航空学生はさらに航空適正検査と実際に飛行機に乗って操縦桿を握らされて操作する試験があります。

僕は「自衛官候補生」「曹候補士」の筆記試験をパスし、なぜか「曹候補士」の面接で落ち、結局受かったのは「自衛官候補生」でした。

航空学生は・・・笑ってしまうくらい受かる気がしません。皆さん、記念に受けてみましょう。その内容に絶対笑います。筆記試験は東大を目指す人が腕試しに受けに来るレベルと思っていてください。

現在、「曹候補士」「一般曹候補学生」の制度は廃止されており、代わりに「一般曹候補生」という制度が出来ているようです。
自衛官応募ナビ

そして航空自衛隊員としての生活が始まります。

入隊してから立派な自衛隊員になるまで

自衛隊に入隊したからといって、すぐに戦闘部隊等に配属されるわけではありません。しかるべき教育を受けた後、それぞれの基地に配属されることになります。

以下のような流れでマザーベース(最終的に配属される基地)に行くことになります。

  1. 教育隊に配属(約3か月)
  2. 各職種の術科学校に配属(期間は職種に依存)
  3. マザーベースに配属

では、各課程の内容を難易度と共にもう少し詳しく書いてみます。

1:教育隊で自衛隊の基礎を学ぶ(一番厳しい)

教育隊とは、自衛隊に入隊したら必ず入校する学校みたいなところです。期間は約3か月(だったはず)

航空自衛隊では2つの教育隊の場所が存在します。主に試験を受けた場所で配置先が変わります。

  1. 第1教育群(西日本):山口県防府市
  2. 第2教育群(東日本):埼玉県熊谷市

埼玉県熊谷・・・めちゃくちゃ熱いところですよね。良かったです僕は防府だったので(;’∀’)

 

ここでは何人かの班に分けられ、自衛隊の基礎の基礎を学ぶことになります。

  • 身だしなみ、ロッカーやベッドの整理整頓。
  • 敬礼、方向転換、行進などの「徒手訓練」
  • 自衛隊に関する知識を学ぶ「座学」
  • 基礎体力を上げる体力錬成
  • 小銃の分解・組み立て
  • ・・・etc

上げだすとキリがないですが、とにかく自衛隊員としての自覚を芽生えさせるための場所と思っていただければいいと思います。

 

教育隊課程が一番厳しい

一言でいうと。

クソミソに扱われます(´・ω・`)

黒板を白だと教官が言ったらそれはもう白でしかないです。

 

例えば、消灯時間を過ぎて毛布の中から遠く離れた彼女に「オヤスミ」のメールを打っていたとします。すると・・・。

バレる。

教官「起きろぉ”!お前らぁぁあ”あ”!!」
と、夜中に教育を受ける隊員全員が教官の怒号でたたき起こされる

マッハで戦闘服を着てブーツを履き、校庭のグラウンドに整列

整列が完了。
教官「点呼ぉ!」
隊員「いち!」「に!」「さん!」「…しぃ(´Д⊂ヽネムー」
教官「何やっとんだ貴様ぁ!!もう一回!!点呼ぉ!!」

隊列を組んでグラウンドを何周か駆け足

そして説教へ・・・

この時「どうしてお前たちがこのようなことになっているのか」な説明が教官からあり、解散後再び就寝という流れになります。

いわゆる連帯責任ですね。

噂で似たようなことを聞く人もいるかもしれません。

それ本当です。

現に僕の時にありました。自分たちの班ではなかったようですが、もちろん連帯責任なのでそんなのお構いなしです。

 

3か月で基地内を○○キロ自主的に走らなければならないとかいろいろ体力的に厳しい面もありますが、やはり一番きついのは精神面だと思います。

ここに関しては書き出すと記事一つ分かけてしまうので、今回はこの辺で(笑)

教育課程が今後の自衛隊人生において一番重要

教育課程において、自分の職種希望を書いたり職種適正検査、心理テストのようなものが行われます。

職種というのは例えば「看護(衛生兵)」や「自動車整備」といったものです。ここで選定された職種が自分の自衛官としての任務となります。

職種によっては階級が上がることが約束された職種なんてのもあります。

僕は第一希望に「自動車整備士」を希望していましたが、なぜか第二希望の「航空機整備士」に決定されました。

また、知らないうちに教官たちから採点をされています。内容的には、座学の小テストや徒手訓練の出来、通常時の自分の態度等が含まれていると思われます。

僕の場合は班の人たちが結構尖った人たちばかりで、僕が教官の言われるまま文句を言わず日々を過ごしていると結果として褒賞をもらいました。どうやら褒賞をもらうという事はすごく名誉なことらしく、後々の昇任試験等で優位になるようです。

もし自衛官を目指している方がこれを見ている場合は、まじめに教官のいう事を聞いて正しいことを目立つように頑張るといいかもしれません。

2:術科学校課程で各専門職の勉強(そこそこ厳しい)

教育隊を卒業すると、今度は自分に課せられた職種の訓練学校に行くことになります。
教育期間は職種によって様々です。

僕は航空機整備士だったので静岡県の浜松基地に行きました。

ここでは敬礼、方向転換などの基礎訓練もありますが、大半を航空機整備の勉強に費やします。

教育期間後半でその後に配属される基地(マザーベース)が決定されます。

行きたい基地があるならいい成績を残すこと

もちろんここでもテストがあります。

術科学校の成績によって行きたい基地に優先配置してくれる可能性が非常に高いです。

僕は高校の勉強もろくにやりませんでしたが、航空機整備の勉強が楽しすぎてこの時人生で一番勉強をしていたと思います。おかげで術科学校の課程でトップの成績を残すことができました。

定員が余っている基地のリストがあり、その中から自分の希望順位を書いて提出します。

僕の希望する基地はかなり人気の基地だったらしいのですが、成績を優先したのか僕がその第一希望の基地に配属されることになりました。

実家から近いとかいろいろ理由はあると思いますが、希望の基地に行けるよう良い成績を残すことをお勧めします。

ちなみに、赤点を取りまくると別の職種(自分の職種より同等もしくは下級職)への転属となります。気を付けましょう

3:部隊配備(意外と厳しくない)

jasdf_fighter1

出典:JASDF

無事術科学校の課程を修了しマザーベースに配置されると、やっと自衛隊らしい生活を送ることができます。

ここではほとんど自分の職種に関する仕事しかしません。

教育課程が嘘のような生活

もちろん最初は初めての環境に慣れなければならないので大変なのは言うまでもないですが、あの厳しかった教官はいませんし、もちろん夜中にスマホをいじっていても緊急招集をかけられることもありません(笑)

基地には民間の飲み屋もあったりします。仕事が終わってお風呂に入った後は先輩と飲みに行くこともしばしば。

外出も申請を出しさえすれば泊まり掛けで遊びに行ったりもできます。

意外と知ってるようで知らない?

いかがでしたでしょうか。

過去を振り返ってみると最初の教育隊の3か月さえ乗り切れば後は意外と楽だなと思いましたね。

皆さん、自分の思っていた自衛隊員のイメージと合っていましたか?

良かったら参考の一つとしていただければと思います!

またどこかピックアップして記事書きますねー

 

シェアとかやってみる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です