xamppで「Failed loading ~/php_xdebug.dll」と出た場合の対処

備忘録の意味も含めて環境構築でハマったのでメモ。

れいじー
今のxamppのPHPバージョンってなんだっけ?

と思い立って

「php -v」

を実行してみたら。

「Failed loading C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll」

の文字が・・・。

ファイルが存在しているし、パスも間違ってない。

現状を記載

  • Windows10 Pro (64bit)
  • XAMPP 3.2.2
  • PHP 7.0.1

この構成でダウンロードしていたdllファイルは「PHP7.0 」用の

php_xdebug-2.6.0RC2-7.0-vc14-nts-x86_64.dll

という64bit版のファイル。

原因

OSが64bit版のWindowsだからという理由で「php_xdebug.dll」をチョイスしました。

が・・・これが間違い

見るべきものはWindowsOSではなくApacheのバージョンだったのです・・・。

れいじー
ま・・・まぁ冷静に考えたら確かにそうですよねって感じですw

アパッチのバージョンを調べてみた

$ C:/xampp/apache/bin/httpd.exe -v
Server version: Apache/2.4.18 (Win32)
Apache Lounge VC14 Server built: Dec 9 2015 10:17:3

れいじー
めっちゃ32bit版ですやん

対応と注意点

ってことで32bit版を入れるわけなのです、一つ注意点が・・・Apacheのバージョンが2だとスレッドセーフ版(”TS”が付いたもの)を選択しなければいけないので、

「PHP 7.0 VC14 TS (32 bit)」を選択する必要があります。

DLはコチラから

ファイル名:php_xdebug-2.6.0RC2-7.0-vc14.dll

これをdll置き場(今回で言うところの”C:\xampp\php\ext”)に置いてXAMPP再起動。

れいじー
解決しましたっ!!

 

シェアとかやってみる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です